30代の女性です。我が子の出産を機に、薄毛に悩んでいました。おでこの生え際や後頭部の薄毛が気になり、外に出かけることが憂うつに感じられました。お風呂上りやブラッシングをした後に大量の抜け毛を発見、この先どうなるんだろうと不安になりました。
そんな私が薄毛対策として実践しているのが、イソフラボンを含んだ食材を積極的に摂ること。イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きをしてくれる成分が含まれているため、薄毛や抜け毛に効果があると健康雑誌で読んだことがあります。イソフラボンが大量に含まれているきな粉・豆乳・納豆を気持ち多めに頂いていると、イライラした気持ちが穏やかになり精神も安定してくるのが分かります。イソフラボンを含んだ食材を頂くようになり2年ほど経ちますが、太くて黒い髪の毛が増えてくるようになりました。ブラッシング時の抜け毛も気になりにくくなり、以前よりヘアスタイルの悩みが減ってきたように感じます。
食材と同時に意識しておこなっているのが、呼吸法です。由美かおるさんがテレビで実践していた「腹式呼吸」を眠る前に5セットずつ行っています。吸う時は鼻から吸い、吐くときは口から少しずつ息を吐き出す、シンプルな呼吸法です。この呼吸法を行うと、体の老廃物をしっかり送り出すことができ、体に必要な酸素を隅々まで送り届けることができるそうです。代謝がとても良くなる呼吸法のため、これを行うと気持ちがシャキンと若くなったような気がします。不足していた頭皮にも栄養がきちんと行きわたるためか、細い髪の毛も次第に太くなってきました。
女性はいくつになっても綺麗でいたいものです。髪の毛の量が少なくなると、毎日のスタイリングが思うようにいかず、1日中憂鬱な気持ちになります。黒くハリのある髪の毛は、いつだって女性の憧れです。髪の毛ひとつで人生が変わるのですから、ぜひ今薄毛で悩んでいる方は前に一歩進んで欲しいと思います。

PR|健康マニアによる無病ライフ|住宅リフォーム総合情報|貯蓄||心の童話|童話|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|家計見直しクラブ|工務店向け集客ノウハウ|お小遣いNET|初値予想|アフィリエイト相互リンク|生命保険の選び方|サプリメント|オーディオ|内職 アルバイト|